上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 日南町さんへ、一定の条件で「ふるさと納税」をして、かつ、所定の手続きをすると「日南町の豊かな自然が育んだ特産品のセット」の贈呈を受けることが出来ます。
これについての詳細は日南町さんの「ふるさと納税」についての公示をご確認下さい。

 贈呈品として 『まめな水』が含まれているセット を選ばれた場合に
 「贈呈品の『まめな水』は、緑色の草壁ラベルの第三弾『まめな水』でお願いします」
といった注記を書いて頂くと、草壁ラベル『まめな水』のボトルで届きます。
 注記のない場合は、第四弾ラベルの『まめな水』が届きます。

 なお、『まめな水』だけのセットは、ありません。

 この件について蒼天青雲へお問い合わせを頂き、日南町さんの総務課財務室の担当者さんと打ち合わせましたので、報告させて頂きました。
スポンサーサイト

 既に実施を終えましたが、コミティアX4(通常開催の同人誌配布会 コミティア110 の文化祭版)で、 [PIN] という企画を実施しました。
東孝光さんの自邸でもある『塔の家』の1/5模型を即日製作する、というものでした。

 キラー通りに刺さっているマップピン『塔の家』を、ビックサイトにも刺して、東京オリンピックの記憶を繋いでみたい。

塔の家 東京オリンピック(1964年)に合わせた東京の都市改造。その一環として作られた、キラー通り(「外苑西通り」の青山霊園角から仙寿院交差点までの区間)に面して、「塔の家」(設計者:東孝光、1966年)は建っています。
これを、東京の街に刺された記憶のPINのひとつだと考えました。

 東京オリンピック(2020年)では、東京国際展示場(東京ビックサイト)も大会施設として活用する予定です。提案書では、今回のコミティアX4の開場である東4・5・6 ホールは、フェンシングとテコンドーの競技会場、この他の部分はメディアセンターとされています。
 コミティアX4の会場にも「塔の家」を刺すことで、キラー通りとビックサイト、2つの場所が抱える記憶を繋げてみることにしました。

 『塔の家』は、日本のモダニズム住宅を代表する物件の一つです。
『塔の家』の設計図面は、建築教育の場で実習教材として広く使われています。今回は、藤木竜也さん(建築史、千葉工業大学准教授)の制作された切り紙模型(縮尺1/70)を原型に、縮尺1/5の模型としました。元にする模型は、形態を把握することを主にして、内部の構成も把握できるものです。会場で作製するのは、そこから更に内部の構成を省いて形態のみを把握するもの(ボリュームモデル)でした。ちなみに、縮尺1/5の『塔の家』模型の高さは2m程度、ビックサイト東展示棟展示室の天井高さは17mから31mあります。この会場にあっては、ちいさな模型です。

 製作した『塔の家』ボリューム模型は、製作の途上においても完成時のボリュームを把握して頂けるよう、壁構造の現物とは異なり、柱軸組構造をとしました。柱軸組み(2011-13に米子高専で実施した実物大家具模型の即日製作課題『マーリをつくって』と同じ工場生産のダンボール短冊材)に外壁(ダンボールの外皮)を貼り付けました。このうち、外皮のダンボールは、各サークルさんから廃棄(資源回収)される送り箱(印刷所さんが刷り上がった同人誌を開場へと搬入する際につかうダンボール箱)を利用ました。この日、ビックサイトで起きていること、同人誌配布会の欠片を纏わせることで、そのつながりを強くしたいと考えました。
東京オリンピックの実施される2020年に向けて、私たちの個人的な同人活動さえも、東京オリンピックに巻き込まれていく、という意味も含めて。
 なお、この模型はコミティアX4の閉会と同時に解体、再び廃棄(資源回収)しました。

 今回の当日実施について、サークル「スイーツエンジン」さんから全面的な協力を頂きました。
 また、コミティアX4 [PIN]の配布物として『蒼天日和10 PIN』を作製し、無償で配布をしました。これの配布について、複数のサークルさんにご協力を頂きました。
 心から御礼を申し上げます。ありがとうございます。

  『蒼天日和10 PIN』は、片面がコンセプトイラスト、もう片面が『塔の家』の物件解説になっています。
 コンセプトイラストは、オンラインの漫画誌 GANMAで建築漫画『紺色のまち』を連載中で建築士でもあるTSUBU さんです。
 物件解説は、原型の制作者でもある藤木竜也さんです。なお、『塔の家』を設計された東孝光さんは、藤木さんと同じ千葉工業大学で教鞭をとっておられました(工業デザイン学科教授)

 なお、TSUBUさんにコンセプトイラストをお願いしたのには、具体的な意図がありまして、どういうことかと申しますと、この辺り(鹿島出版会さんが発行されていた建築雑誌『SD』の1988年3月号)に回答があります。このことは、TSUBUさんも実施当日までご存じなく、頂いた成果品を見て当方が「ほおおおおお」と思ったこともご存じなく。

 以上、ご報告でした。

 実施当日に立ち寄って下さった皆さま、ありがとうございます。
現場で説明しましたように、この模型は、当日中に完成させることが最終的な目的ではありません。
ご覧になった皆さまが、実際にキラー通りにある『塔の家』へ行かれて、ああこれか、と思われることで完成します。
 本物の『塔の家』に会いに行って下さい。そして、ビックサイトにも『塔の家』が建っていたことを思い出して下さい。

*追記 藤木さんがご自分のブログで [PIN] についての記事を書かれました。解説文の全文が掲載されています。

 草壁ラベル『まめな水』は、いま現在もCOMIC ZIN 秋葉原店さんの店頭に並んでいます。なお、新宿店さんでは8月の終わり頃に陳列を撤収されました。

 COMIC ZIN さんの計画では、夏の大きなイベントが終わり次第、ふたたび『まめな水』を陳列する予定で、一時的な店頭からの撤収との事でした。その時点で、配布を始めて四半期を過ぎ、概ね東京での需要は満たした感じもありました。そこで、こちらから配布の終了を打診しました。

 しばらくして、東京での『まめな水』の配布状況について情報を下さる方から「秋葉原のお店に、また並んでいますよ」とご連絡を頂きました。状況がわからず、COMIC ZINさんへお問い合わせしたところ「秋葉原のスタッフは『良い感じに売り場に収まっているので、このまま置いておきたい』と考えているらしい」との返答を頂きました。
 それでも状況がわからず、先日、秋葉原店さんへ行きまして、売り場の状況を見せて頂いたところ、理解できました。
 
2012-05-8.jpg こんなに売れないグッズなのに、売り場さんが推して下さっている。半年以上の間、日中、数十秒おきに「日南町」の文字がアキバの街で人の目に映る。
 それは、ありがたい限りなので、現状のまま配布をお願いします、と返答をさせて頂きました。

 というわけで、まだ、アキバで買えるのです。

 「Original Aim」(金曜日 西か-15b)さんと「状態変化」(日曜日 東ニ-02b)がコミケット86 で配布された新刊に収録されている「対談:よこぢよしてる+ひでシス」について、訂正箇所があります。

1. 6p 右列5行目 『特に、哈爾浜から黒河市への移動は』 ×黒河市 → ○撫遠県 対談の中で間違っていました。

2-1. 1.の訂正により、同じく6p 右列下の注記は
『◎哈爾浜市と撫遠県を結ぶ鉄道は、一日に一便の列車が走っています。所要時間は定時運行で17時間半程度です。これは東京と出雲市を結ぶ寝台列車「サンライズ出雲」よりも長い乗車時間です。それでも午後4時に乗車して翌日の朝10時には到着するので、ひでシスさんの感想は的を射ているとも言えます』
に訂正します。

2-2. 1.の訂正により、資料リンク集の列車時刻等に関係するリンクなどを訂正しました。

3. 7p 右列下の注記 『よこぢさんが国際バスに乗ったのは、フタラヤ・レーチカという街らしいのです。これについて探し出して……』について。
 よこぢさんに確認をしたところ
「自分が乗った場所はターミナルではないので、そこは違います。でも、沢山のバスが国境に集結してたので、ここからも出ているのではないか、と、思い、特に修正希望は出しませんでした」
とのコメントを頂きました。
 対談の中でも、ひでシスさんが問い直していますが、まさに「ウラジオストク郊外の道路脇にあるバス停」だったようです。

※本文に訂正があります。これについて記事をご確認下さい。


序:
ーことのはじまり
・鳥取県
環日本海諸国との交流 - 文化観光局 - 鳥取県
鳥取県と台湾の交流 - 文化観光局 - 鳥取県
国際交流 - 文化観光局 - 鳥取県
平成25年鳥取県国際交流事業一覧 - 鳥取県
中国延辺朝鮮族自治州と友好交流に関する覚書を締結しました - 鳥取市
・外務省
在外公館とは - 外務省
在中国日本国大使館
地域別インデックス(アジア) - 外務省

ーよこぢよしてるさん、誰
・沿海地方
沿海地方行政府
北海道とロシア連邦極東地域との経済協力に関する常設合同委員会 第11回分野別部会 会議録 - 北海道庁
・ウラジオストク
ウラジオストク市
在ウラジオストク日本国総領事館
ウラジオストク市概要 - 当館管轄区域概要(生活案内) - 在ウラジオストク日本国総領事館
2.市内案内 - 当館管轄区域概要(生活案内) - 在ウラジオストク日本国総領事館
(9)ウラジオストク日本センター - 当館管轄区域概要(生活案内) - 在ウラジオストク日本国総領事館
ウラジオストク便 - 富山きときと空港
国際線をご利用の方 - 新潟空港
境港~ウラジオストク間の国際フェリー航路 - 鳥取県
江原道
稚内~コルサコフ - ハートランドフェリー
冬のナホトカ フタラヤレーチカからナホトカ行きのバスに乗る(乗れた!)- お姫さまはロシア女性
S.Y 『沿海地方を旅する』 - 浦潮瓦版 - ウラジオストク日本人会
ウラジオストク - 日本語を学習中 - italki
・ハバロフスク
ハバロフスク地方行政府
ハバロフスク気温 - 旅行のとも
ハバロフスク2 - 内藤陽介のブログ
ロシア・ハバロフスク地方・ハバロフスク市の見どころ - Google マップ
・吉林省
吉林市人民政府
中国吉林(日本語) - 吉林市人民政府
投資額20億元以上の重大プロジェクト8件が敦化に根を下ろし - 敦化市 - 吉林市人民政府
・東京都
東京都とソウル特別市の合意書締結について - 東京都
知事の部屋 - ソウル出張(ソウル市長と面会・合意書締結) - 東京都
・鉄道非電化
電化区間のディーゼルカー - 青春18きっぷ - Japan Traveler
・社会資本
社会資本の整備とその効用 - 建設コンサルタンツ協会
重点的施策:社会資本整備重点計画について - 国土交通省

深い河:
ーロシアの隣は中国だった
・シベリア鉄道
シベリア鉄道 ロシア横断の旅 - 地球の歩き方ガイドブック
シベリア横断鉄道の旅 3. ロシア号乗車 - Premierclasse
・中国の行政区画
中国行政区划网
国家・政治制度・行政区画 - 中華人民共和国駐大阪総領事館
中華人民共和国行政区画kmlデータ - Google Earthで中国史
・黒竜江省
黒龍江省人民政府
中国投資環境シリーズ(黒龍江省編) -国際協力銀行
・哈爾浜市
東北三省 旧満洲の旅(1)~哈爾濱 1 南崗区~ - フォートラベル
中国哈爾濱人民行政府
・黒河市
「南」の成功体験、「北」に移植狙う~黒竜江省黒河(ロシア国境) - 日経ビジネスオンライン
中国製品はアムール川を渡る - ブラゴベシェンスクと担ぎ屋貿易 - 日露ビジネスジャーナル
・サンライズ出雲
寝台列車 サンライズ瀬戸・出雲 285系 - JRおでかけねっと
サンライズ出雲の時刻表 - a RECK SEe
・アムール川
2013 年7月以降のアムール川流域の多雨について - 気象庁
アムール川の氾濫で新たな流域が浸水 - ロシアNOW
黒竜江省洪水、被災地で伝染病は見られず - 日中新聞
・アムール州
堀江典生「アムール州にみるロシア極東農業と外国人労働者問題」-日本国際問題研究所
・気候
ケッペンの気候タイプ
ケッペンの気候区判別法 - ねっと・ちきゅうげきじょう
田代博「世界の気候」 - 地理 第3回 現代世界の系統地理的考察【自然環境】編 - NHK高校講座
加賀美雅弘「温帯気候とは~東岸気候と西岸気候~」 - 地理 第5回 現代世界の系統地理的考察【自然環境】編 - NHK高校講座

ー国際バスは河を渡って
・綏芬河市
綏芬河市人民政府
ドルジバツアー 中国 黒竜江・綏芬河 東清鉄道で発展したロシアと国境を接する町
東清鉄道路線図
南満州鉄道株式会社全路線
接収後満三ケ月の北鉄 旧時代に数倍する貨客を円滑に運輸 きょうハルビンで盛大な報告祭 - 大阪毎日新聞 1935.6.23
浜綏線玉泉・小九間沿線鉱産, 石材及バラスト産地調査報告 - 南満州鉄道株式会社北満経済調査所
大橋忠一「ソ連の東清鉄道買収の経緯」
北村博見「時代の波濤をこえて」 - Google ブックス
覚え書:「今週の本棚:加藤陽子・評 『帝国主義日本の対外戦略』=石井寛治・著」『毎日新聞』2012年08月26日(日)付。 - Essais d'herméneutique
歴史事象 満州国の成立 - 毛呂山町
満州国の地図 1942年
満州国の地図 1933年
兒嶋俊郎「在満鉄道に対する軍事的支配をめぐる葛藤―満州国線の満鉄への経営委託をめぐって(1)―」
兒嶋俊郎「日本帝国主義下の「満州」鉄道問題 : 「納付金」をめぐる関東軍と「満鉄」」 - 慶應義塾経済学会
日本鉄道史 - 国土交通省
・琿春市
琿春へようこそ!-琿春市人民政府
琿春口岸が順調に建設中 - 吉林市人民政府
中ロの陸上税関―琿春口岸 - 中国国際放送局
中ロ国境の旅(その1) - Mitsuhiro’s Weblog on Korea
ロシアから1日4000人、観光マネー流れ込む中国の街―吉林省・琿春ツアー参加雑記 - 日露ビジネスジャーナル
・国際バス
中国長距離バス情報 東北地区 - 中国バックパッカー観光旅行記
・長春市
長春市人民政府
・延吉市
延吉市人民政府
意外にすんなり!? ロシア入国ドキュメント【中国からバスで行くウラジオストク(前編)】 - ニッポンのインバウンド“参与観察”日誌
『延吉・琿春・図們・龍井を訪ねる:4日目』 - フォートラベル
阪口直人「北朝鮮と国境を接する中国延辺朝鮮族自治州にて」 - BLOGOS
中国・吉林省・延辺朝鮮族自治州・延吉市の見どころ - Google マップ
延吉投資指南 - 延吉市人民政府
・スラビアンカ(ウラジオストクの対岸港)
琿春からバスでスラビヤンカを経由してウラジオストクへ - ウラジオストク日本人会 掲示板
・クラスキノ
延吉-ロシアの旅客輸送鉄道が運営再開 - 吉林政府
中露国境経済調査(2)‐ウラジオストク~スラビャンカ~ザルビノ~クラスキノ - 環日本海経済研究所
延吉⇔ロシアの旅客輸送鉄道が運営再開 広域図們江開発計画(GTI) - 朱鷺の森日記
・図們江開発
図們江地域協力開発計画について - 日中東北開発協会
奥田恵子「中国主導で再び動き出した「図們江地域開発」と今後の展開 」- 運輸調査局
図們江「図們江地域開発10年-その評価と課題-」 - 環日本海経済圏研究所
李燦雨「第7章 図們江開発地域の現状と直面する問題 」- 北東アジア開発の展望 -日本国際問題研究所
李鋼哲 「 図們江(トゥメンジャン)地域の開発と北東アジアの経済発展 : 開発計画とその実態ついて 」
王勝今「研究レポート :図們江流域総合開発と北東アジア地域満力の進展及び課題について」
図們江流域経済圏視察報告 - 鳥取環境大学
吉林省図們江視察のご案内 - 日中東北開発協会
・北東アジア開発
北東アジア開発の展望:要旨 -日本国際問題研究所
吉田進「第2章 北東アジア地域の開発の枠組みと課題」 - 北東アジア開発の展望 - 日本国際問題研究所
新井洋史「第3章 北東アジアの現状と開発戦略」 - 北東アジア開発の展望 - 日本国際問題研究所
行本勢基「北東アジア経済圏の現状と課題―環日本海地域の経済活動に着目して― 」
張忠任「東アジア経済協力における三つの可能性について」

ー開かない扉
・ビキン
ビキン - コトバンク
・出入国審査
入国管理局-手続案内-
中露朝のノービザ周遊観光が実現 - 人民網
・撫遠県
撫遠県人民政府
撫遠県 - 中国国際放送局
[黑龍江]撫遠口岸明水期貨運正式開通 - 中華人民共和國交通運輸部
中露国境からわずか12キロ、中国最東端の鉄道が完成 - 人民日報
哈爾浜市から撫遠県への鉄道時刻表
快速K7065
・招待所
ガイドブックでは触れられない中国の本当に安い宿をまとめてみました - ライブドアニュース
・饒河県
饒河県人民政府
饒河県 - 百度百科
饒河口岸概况
俄中波克羅夫卡 饒河口岸流量將增加2倍 - 鉅亨網
・七夕節
中国の祝日「七夕節」 - ハオ中国語アカデミー
中国の祝日-七夕 - やわらん.net
・虎林市
虎林市人民政府
虎林口岸 - 虎林新聞
・牡丹江市
牡丹江市人民政府

ーはじめての海外旅行
・はじめてのおるすばん
はじめてのおるすばん - ゼロプロダクト
・DARKER THAN BLACK
DARKER THAN BLACK
・地球の歩き方
地球の歩き方

国の境:
ー公園がどこでもドアだった
・ラオス
ラオス政府観光局
ラオス人民民主共和国 - 外務省
中国国境のカジノタウン3 発展途上カジノ ボーテンで途中下車 (ラオス、モーハン) - フォートラベル
・ミャンマー
ミャンマー連邦共和国 - 外務省
ミャンマーの地方行政 - 自治体国際化協会
中国国境のカジノタウン2 桃源郷 モンラーの今 (ミャンマー、打洛) - フォートラベル
中国国境のカジノタウン1 不夜城 ラオカイの過ごし方 (ミャンマー、老街、南傘) - フォートラベル
The Comprehensive Guide to Myanmar
平成24年度アジア産業基盤強化等事業 (持続的資源開発のための鉱業関係法制度調査)報告書 - JFEテクノリサーチ株式会社
・西双版納
西双版納傣族自治州政
雲南西双版納を訪ねる - 中国茶の世界

ーなお、このスタンプは消滅する
・沿ドニエストル共和国
モルドバ概観 - 在モルドバ日本国大使館
沿ドニエストル共和国大統領府
Trans-border Trans-Dniester - BBC NEWS
沿ドニエストル共和国
沿ドニエストル共和国 ロシアに主権承認を求める - The Voice of Russia
・ウクライナ
ウクライナ概観 - 在ウクライナ日本国大使館

ー北へ行こう、らんららん
・北へ。
北へ。 Four Seasons - YouTube
北へ。 - ニコニコ大百科
・北朝鮮
ロシア、北朝鮮に接近「貿易額10倍増」で合意 - 日本経済新聞
北朝鮮の貿易動向と中国・ロシア等との経済関係に関する調査(2012年2月) - 日本貿易振興機構
三村光弘「羅先経済貿易地区訪問記」 - 環日本海経済圏研究所
・遼寧省
遼寧省人民政府
・丹東市
丹東市人民政府
・ハタハタ
ハタハタ - 市場魚貝類図鑑
ハタハタの一夜干し(生干し)の作り方 - 京都府
ハタハタ[鰰] - 北海道庁
ハタハタで沸き返る・男鹿北浦 - 秋田県
ハタハタ - 鳥取県
しょっつる - 水産総合研究センター 中央水産研究所
しょっつるとは - 諸井醸造

ー見知らぬ異邦人
・パスポート
パスポートの申請から受領まで - 外務省
・ザルビノ
琿春-ザルビノ-束草貨客陸海連携航路 - 中国吉林省延辺朝鮮族自治州
スンマはザルビノシーポートベースに投資する - Rosmorport
・ウスリースク
ウスリースク
ロシア・沿海地方の見どころ(ウスリースク編) - Google マップ
ロシア・ウスリースク観光ガイド (@Melochishka)
・カルフール
CARREFOUR
家楽福[Carrefour]
中国語会話学校「漢」 - サトミの天津留学日記

竜の背:
ーATM! ATM!
・シェンゲン協定
欧州諸国を訪問する方へ - 外務省
EU域内の「移動の自由」とは? - 駐日EU代表部
EU理事会はシェンゲン国境規則の改正を採択しました - 在リトアニア日本国大使館
ポーランドとシェンゲン協定(2014年5月更新) - ポーランド情報センター
・Plus
Visa Plus ATM Network - Visa DPS
海外ATMの使い方 徹底ガイド - Visa
ラブプラスVISAカード - KONAMI
Cirrus Card - MasterCard

ー闇に喰われろ
・中国銀行
中国の大手銀行:行く手に待ち受ける厳しい現実 - JBpress
・習近平
習近平が尊敬するリー・クアンユーが10年前に指摘した中国社会の“病巣” - 加藤嘉一「中国民主化研究」揺れる巨人は何処へ - ダイヤモンド・オンライン
「圏子(チェンツ)」の概念で読み解く、前政治局常務委員・周永康の摘発事件 - 長谷川幸洋「ニュースの深層」 - 現代ビジネス
21世紀型覇権ゲームに乗り出す中国習近平体制 - nikkei BPnet
習近平 - ニューズウィーク日本版

ールドルフ
・環太平洋パートナーシップ
TPP(環太平洋パートナーシップ) - 経済産業省
・32p「トナカイ牧民経済への温暖化の影響と体勢変化後のその反応ーシステム・ダイナミックスモデルによる近接ー
平成24年度 FR4 研究プロジェクト報告「温暖化するシベリアの自然と人-水環境をはじめとする陸域生態系変化への社会の適応」 - 地球研プロジェクト C-07
年報(2012年) - 総合地球環境学研究所
・シベリア
温暖化するシベリアの自然と人 - 総合地球環境学研究所
シベリア凍土地帯における温暖化フィードバックの研究 - 国立環境研究所
・サハ共和国
サハ共和国政府
サハ共和国(ヤクーチャ)の概要 - 愛・地球博
サハ共和国とダイヤモンド鉱山 - SAKHA DIAMOND CORP.
SakhaLife
・トナカイ
ツァータン―トナカイと生きる - バイカル大自然に生きる
トナカイ牧畜について - タイガ情報局オスト
トナカイの鼻が赤い理由 - 日本動物園水族館協会
・リモートセンシング
リモートセンシング基礎講座 - 宇宙航空研究開発機構

ー見えざる手
・山寨
山寨(新兴社会现象用语) - 百度百科
山寨(汉语词语) - 百度百科
「山寨」は中国に何をもたらすか - 人民中国
情総研レポート 想像を絶する中国製模倣ケータイ「山寨機」の世界 - ITpro
・李先生
李先生牛肉面
・雲南省
雲南省人民政府
・清真(ハラール/ハラル)
ハラールとは - 日本ハラール協会
ハラル(ハラール)認証基礎知識 - ハラル・ジャパン協会
ハラール証明の取得手続き - ジェトロ
HALAL DELI
・共有知
入江幸男 「アプリオリな知識と共有知」
・蘭州拉麺
蘭州ラーメン - BitEx中国語
蘭州人の朝ごはん―拉麺 - 人民中国
蘭州拉麺を徹底解剖 - 上海ジャピオンウェブサイト
中国人「日本ラーメンと蘭州ラーメン、どっちが美味しいアルか!?」 中国の反応 - 海外の反応ブログ
・暗黙知
大崎正瑠「暗黙知を理解する」
柴田庄一・遠山仁美 「暗黙知」の構造と「創発」のメカニズム―「潜入」と「包括的統合」の論理―
大西幹弘「暗黙知とは何か」 1.Polanyi の暗黙知 - 日本ナレッジ・マネジメント学会
大西幹弘「暗黙知とは何か」 2.野中の暗黙知 - 日本ナレッジ・マネジメント学会
大西幹弘「暗黙知とは何か」 3.「暗黙知」概念の明晰化に向けて - 日本ナレッジ・マネジメント学会
岩井大地「『技能継承の現状と課題』~暗黙知継承の必要性~」
森和夫「暗黙知の継承をどう進めるか」
池田信夫「暗黙知は職人芸ではない - 『マイケル・ポランニー 「暗黙知」と自由の哲学』 」- アゴラ
1042夜『暗黙知の次元』マイケル・ポランニー - 松岡正剛の千夜千冊

淆乱
ーバベル
・バベルの塔
バベルの搭 - EUの公用語
・モンゴル
モンゴル国 - 外務省
トゥフ市(中央市)
・上海
中国電脳街案内~上海編 (1/2) - 山谷剛史の「中国IT小話」 - ASCII.jp
・IUQ(QQ)
腾讯
・二律背反
引地博信「カントのアンチノミー(二律背反)」 - 知の快楽
・新疆ウイグル
新疆ウイグル自治区旅行記-#1 シルクロードのイスラム世界へ - KaycomDESIGN
中国―ウイグル族とカザフ族の酒文化 - 酒物語
<中国>イチからわかるウイグル族独立問題 - THE PAGE
デイリバイル・アイリ「中国の少数民族─ウイグル族と私」 - 帝国書院
アイネル バラティ「中国少数民族文化の維持と継承に関する一考察 ─ウイグル族の教育状況を手掛かりとして─」
アナトラ・グリジャナティ「中国における少数民族双語教育に関する研究− 多言語共生の視点から −」
・ウラル
ロシア時差地図
・朝鮮族
朝鮮族 - コトバンク
朝鮮族ネット - 中国の朝鮮族に関するニュースポータルサイト
パク・ヨンイル 「中国朝鮮族の由来」要約
権香淑「朝鮮族の移動と東北アジアの地域的ダイナミズム―エスニック・アイデンティティの逆説―」
花井みわ「中国朝鮮族の人口移動と教育- 1990 年以後の延辺朝鮮族自治州を中心として―」
金紅梅「中国朝鮮族学校における外国語教育の展開について」
趙南実「中国朝鮮族の民族語に対する言語意識からみるアイデンティティの考察―延辺大学における質問表調査を通して―」
尹紅花「日本国内に居住する中国朝鮮族の 生活形態に関する研究」
蔡春花「在日本中国朝鮮族のコミュニティーについて 「在日本中国朝鮮族関西友好会」の活動を例に」 - 財団法人アジア・太平洋人権情報センター
・延辺
延辺州政府
延辺日中文化交流センター
・少数民族
中国民族 - 中華人民共和国中央人民政府
国土・人口・民族 - 中華人民共和国駐大阪総領事館
図録:中国の少数民族人口 - 社会実情データ図録
若林敬子「中国少数民族の人口研究序説」
坂部晶子「中国少数民族の人類学的・社会学的研究についての一考察 -主として何群『民族社会学和人類学応用研究』を通して」
趙貴花「グローバル化時代の少数民族教育の実態とその変容ー中国朝鮮族の事例」
哈斯額尓敦「中国少数民族地域の民族教育政策と民族教育の問題-内モンゴル自治区の民族教育を中心に-」
格日楽「中国民族教育における教育自治権について : 民族教育の 使用言語文字と教育内容に対する自治権を中心に 」
宮本大輔「雲南省都市部における民族語使用状況ー少数民族出身大学生の予備調査に基づいて」
段瑞聡「グローバル化と中国の少数民族政策の変容 : 胡錦濤政権を中心に」
孫儀「中国における族群教育政策―多文化の視点からの一考察―」
芒来夫「中国における民族自治地方の立法自治権の現状と課題. ─ 内モンゴル自治区を中心に ─ 」
鈴木章太郎・松下研仁「中国民族問題:中国民族自治の実際とあるべき姿」 - スライド - アジアのための国際協力in法分野2013
鈴木章太郎・松下研仁「中国民族問題:中国民族自治の実際とあるべき姿」 - 資料 - アジアのための国際協力in法分野2013
松岡正子「中国少数民族における改革開放後の人口移住一四川省チャン族を事例として」
杜国慶「中国雲南省における少数民族の分布について」
土屋紀義「中国のイスラム教徒ー歴史と現況」
・オフショア
オフショア開発とは 【 offshore development 】 - IT用語辞典
・時制
孫偉「中国語の単文における時間表現」
張文青「“了”の教授法に関する試み」
時制のおはなし - 中国語翻訳者のつぶやき
・understand
understandの意味 - Weblio

ーお開き
・よこぢさんが大学生だったころの為替
USドル/円の為替レートの推移 - 世界経済のネタ帳

RECENT ENTRYS

カテゴリー

このブログを検索

RSSフィード

プロフィール

そうてんせいうん

Author:そうてんせいうん
I...I didn't do it for you ok?!

ご連絡はweb mailでどうぞ: http://form1.fc2.com/form/?id=434253

[準備中]
・「SUOMI CHAIRS」

<プロジェクトのリスト>
「イルマリ・タピオヴァーラ椅子展」 @Style shop. 2005.05.21-06.12
日本国内では見る機会のない作品を含めて全部で25点ほどを展示。

「ヨーロ・クッカプーロと柳原敏彦」 @GREEN WOODS 2005.11.12-13
クッカプーロさんの主要作品20点と柳原敏彦さんの木家具による構成。違う素材なのにデザインの根本で調和しているという妙。

「スオミと足塚由江」 @昭和堂 2006.06.23-25
フィンランドの家具と足塚由江さんのうつわでカフェをしました。

「米来留 いまはもういない」 @夏コミケット 2006.08.12発行
建築家ヴォーリズの失われてしまった作品を追い続けたドキュメント写真集。

「一脚の椅子 フィンユール」 @GREEN WOODS 2006.08.19-20
そこにあるだけで周りの空間を変える力を持つ椅子とは。

「カモナマイオフィス」 @某建て売り住宅 2006.09.16-18
「第二事業部の事務所が新築の住宅に移転する」 としたら?引っ越し系インスタレーション。

「1000脚の椅子」
工場の倉庫に眠る約1000脚の未完成の椅子を教材として活用しようという企画。
派生企画:智頭農林高校 学習成果展示 / 島根女子短大 Re:Chair展
 
「北欧の椅子と家具展」 @SOUKA-草花- 2006.12.08-11
古いビルのレストアされたペントハウスに北欧家具でLDを構築するインスタレーション。

「リートフェルトをつくって」 @SOUKA-草花- 2007.06.22-25
Rietveldさんの家具をダンボールで実寸模型に再現するワークショップ。

「机の帰還 」 @glass Onion 2007.07.19~
廃棄される学校机を店舗什器に再生する試み。

「シュレーディンガーの椅子 」 @Store Room 2007.09.07~
学校のようなお店に学校の椅子を納める。

「いまはもういない、のこと」 @夏コミケット 2007.08.19発行
ヴォーリズ建築の取材過程を記録したテキスト。

「キャンの岬はどっちですか。」@souka 07.11.17-18
「祈りの椅子」のプロトタイプに座ってみる。

「そしていまはもういない予告編」 @冬コミケット 2007.12.29

「そして、いまはもういない。」 @夏コミケット 2008.08.17
ヴォーリズ建築で失われて痕跡の儚いもの達。

「一脚の椅子 イルマリ・タピオヴァーラ」@「淀江の家」グラムデザイン 2008.10.04-05
ピルッカスツールを展示。

「いまはもういない、祈り」@冬コミケット 2008.12.30
キリスト教関係のヴォーリズ建築で知られざるもの達。

「古い家を借りて自分で直したら大きな黒板のある家ができた。ワタシの(^^)」@黒板亭 2008.03.--2009.04
廃屋寸前の賃貸住宅を順調に時を経たかのようにレストア。

「蒼天青雲 in 関西」@そうさく畑63 2009.04.05
既刊を関西地区で初配布。 山Dさんもお誘いして。

「ヴォーリズさんを探しに行った日々について」 2009.=
蒼天青雲にとっての「建築の保存」について話す。

「旧豊郷小学校写真集」@夏コミケット 2009.08.16
豊郷小学校=桜ヶ丘高校という繋がりと広がり。

ヴォーリズ建築文化全国ネットワーク第3回全国大会@近江八幡 2009.10.11
ヴォーリズファンしか居ない場によばれてヴォーリズさんの写真集を配布。

「みどりのはら」「近代残像 函館」「近代残像 長崎」@冬コミケット 2009.12.30
阿佐ヶ谷住宅へのオマージュ。函館と長崎、北と南の洋館が並ぶ港街。

「近代残像 京都」@コミティア92 2010.05.04
前世紀末の京都の町中における近代建築を紹介。

「米子市公会堂」 2010.07.15 +コミケット78
山陰に置かれた村野藤吾さんのグランドピアノについて。

「近代残像 神戸」@コミケット78 2010.08.15
神戸にある近代建築の様々な残り方と消え方。

「近代残像 湘南・箱根」@コミケット79 2010.12.31
太平洋に面して残る関東地方を取り巻いていた別荘地帯の痕跡。

「さくらはさく」@コミティア96 2011.05.05
千葉県浦安市の埋め立て地に咲く桜の花。

「マーリをつくって」@米子高等工業専門学校 2011.07.21
ダンボールで実物x0.8スケールの家具模型をつくる実習授業。

「近代残像 横浜」@コミケット80 2011.08.14
横浜で暮らした日々における近代建築との交わり。

「きらめけ!公会堂」@米子市公会堂 2011.10.21-23
写真集「米子市公会堂」を元にwebと連動したインスタレーションを実施。

「SUOMI CHAIR DESIGN 01. Alvar Aalto」 @コミティア98 2011.10.30
フィンランドの椅子デザインについて。

[以降、続いています


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。