上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 日南町x草壁「まめな水」は現在もCOMIC ZINさん新宿店・秋葉原店で配布が続いています。
 予想するに、8月になると大きな同人誌配布会が幾つも開催されるので、その頃には撤去されると思います。長くても、あと2週間程度ではないでしょうか。まだ在庫が出荷ケース単位で積んであります。
 皆さま、よろしくお願いします。

 4月1日から店頭に陳列されました。そして5月の初めには、夏までに想定していた配布量の1.5倍を皆さんが飲んで下さったおかげで、お預けしていた在庫が払拭しました。その後、COMIC ZINさんの要望で追加分の「まめな水」をお預けしました。

 COMIC ZINさん店頭の「まめな水」コーナーの設置期間は1ヶ月程度(GWくらいまで)と考えていました。配布ツールの運用期間もその程度を想定していたため、簡素な仕様になっていました。

 5月の半ば頃、秋葉原店さんに設置された配布ツールで想定通りの損耗が進んで、お店のスタッフさんが仮補修をして下さった状況が伝わってきました。この部分には、液晶ディスプレイの重さが直にかかっているので、放置するとずり落ちてお客様に迷惑が掛かりかねないのです。
 そのような訳で、当方で補修部品を用意しました。金属の断裁と折り加工を得意とされる工場で、箱の材料に使ったスギ板の厚みにぴたりと填る寸法の曲げ板を作って頂き、取付説明書を沿えて、COMIC ZINさんの新宿店・秋葉原店さんへ送り出しました。このうち、状況の思わしくない秋葉原店さんでは、さっそく取り付けて下さったようです。
kurokaichi 鳥取県日南町の天然水『まめな水』のCOMIC ZIN秋葉原店での本日の様子です、ご確認ください。 #まめな水
 液晶ディスプレイの下に銀色の金属部品が押し込まれているのが見えます。これが通称「Gパーツ」です。
スポンサーサイト

 鳥取県庁 日野総合事務所さんの公式ブログ「日野ごよみ」に、日南町x草壁「まめな水」の記事が掲載されました。
2014年5月27日 飲んで美味しい、見て癒やし・・・日南町『まめな水』第3弾発売!
 日野総合事務所さんは日南町を含めた鳥取県西部地区の山間部に関わる鳥取県庁の出先機関です。これまでの「まめな水」についても、第一弾第二弾、と記事を書かれています。
 第三弾の記事が、これまでと大きく違うのは『まんが王国とっとり』と関連づけるための記事である点で、県庁さんの苦悩を感じるところです。
 繰り返しになりますが、同人サークル蒼天青雲とその前身であるcumlus / CumulusProjectsの活動には公的な助成金を一切使っていません。

 日南町x草壁「まめな水」について、はてな界隈、あるいは「まなめはうす」のブロガーとして知られる まなめさん が、記事を書いて下さっていました。
4月2日の「まなめ枠」に情報として、8日には実際に「まめな水」を購入された話です。
まなめはうす 2014年4月ログ
まなめさんはtwitterにも「まめな水」について書き込んで下さいました。
まなめ @maname 「まなめ水」
 まなめさんの「まなめ水」といえば、こちらのソーダ水のことです。
ご本人が「まなめ水」と読み替えて下さったおかげで、その意外性からネット界隈で話題になり、予想を越えた範囲の皆さんに「日南町」と「まめな水」が浸透しました。
 ネタにして頂き、ありがとうございます。

 コミティア108では、草壁さんのサークルスペースで『まめな水』が配布されました。
twitter - kusakabe - まめな水届きました
後日、教えて頂いたところ、20数本を15時前までに完売されたそうです。
皆さま、ありがとうございました。
 また、『まめな水』の配布について事前にご対応を頂いたコミティア実行委員会さん、ありがとうございました。
そして、草壁さんのスペースへ『まめな水』を届けて下さったCOMIC ZINさん、ありがとうございました。
皆様のご協力のおかげで、無事に配布を終えることが出来ました。

 まず、GWの後半にCOMIC ZINさんで『まめな水』を買えなかった皆さん、ごめんなさい。
9日頃には在庫が復活したはずです。よろしくお願いします。

 5月4日の時点で委託残数が10本程度とご連絡を頂いていました。
5日、コミティアの会場から各店へとご挨拶に向かったところ、秋葉原店では「欠品しています」の札が貼られた空の木箱だけがありました。新宿店さんでは、店頭の木箱に入っているだけで終了とのことでした。
 7日、日南町役場さんの業務が始まったので、住民課さんで買って発送しました。8日には東京に到着したのを確認しています。

 夏までに配布が出来たら良いなぁと考えていた量の150%くらいが約1ヶ月で消えました。このペースで配布が進むとは思えませんので、おそらく配布終了まで欠品しないだろう量を追加で委託しました。

『まめな水』と『蒼天日和08 白銀』に関係したwebで確認できる資料へのリンクです。教えられるところの多かった資料に[*]をつけてみました。特記事項は[#]から記述しています。
 このリンク、本来は冊子の付録なのです。
今回は『まめな水』にこれから関わられる方と、自力でペットボトルラベルを作ってみたい方のために、目に触れやすい位置へ記事を上げてみました。
 なお、『まめな水』の制作経緯について書いた記事にも資料へのリンクを設定しています。
蒼天青雲は何やってんの - 鳥取県日南町x草壁『まめな水』について

<ここまでの『まめな水』について>
・日南町 - 日南町名水マップ(第3弾)が完成!
http://www.town.nichinan.tottori.jp/p/1/15/7/7/21/
・日南町 - 日南町名水マップ
http://www.town.nichinan.tottori.jp/photolib/292/1268.pdf
・日南町 - 分析結果
http://www.town.nichinan.tottori.jp/photolib/292/1269.pdf

- 第一弾 茶屋水道
・『まめな水』 - チラシ
http://www.town.nichinan.tottori.jp/photolib/292/1292.pdf
・はっぴぃ貯金。 - 日南町ふるさと祭☆
http://blog.zige.jp/happy-tyokin/kiji/318652.html
・鳥取県 - 西部総合事務所日野振興センター - 日野ごよみ「2012年2月29日 太陽光や風力エネルギーを議論する!(3月3日、日南町)」
http://www.pref.tottori.lg.jp/item/661353.htm
・株式会社やつか 熊野工場 - ボトリング受託実績
http://www.yatsuka.co.jp/f_info.htm

- 第二弾 白谷水道
・『まめな水』 - チラシ
http://www.town.nichinan.lg.jp/photolib/admin/730.pdf
・日南町ホームページ - 日南のおいしい水をペットボトルに
http://www.town.nichinan.lg.jp/p/2/1/5/
・鳥取県 - 西部総合事務所日野振興センター - 日野ごよみ「2012年12月3日 きみは枯れ葉つもる大地をみたか。」
http://www.pref.tottori.lg.jp/item/767379.htm
*神戸新聞NEXT - 2014/1/22 08:53 「1本2千円の酢販売 秘伝製法で6月に3千本 マルカン酢」 #第二期の成果
https://www.kobe-np.co.jp/news/keizai/201401/0006653314.shtml

- 第三弾 印賀の水 #草壁ラベル
・『まめな水』 - チラシ
http://www.town.nichinan.tottori.jp/photolib/292/1294.pdf
・日南町ホームページ - 日南町のおいしい水をペットボトル化!
http://www.town.nichinan.tottori.jp/p/1/15/7/7/13/
*山陰中央新報 - 日南の名水、東京”進出”コミック専門店で販売 14/04/15
http://www.sanin-chuo.co.jp/news/modules/news/article.php?storyid=545301005
・47NEWS - 共同ニュース - 日南の名水、東京“進出”コミック専門店で販売
http://www.47news.jp/news/2014/04/post_20140415141902.html

天然水の水質調査 → 調査結果をまとめた「名水マップ」 → 「名水マップ」のサンプルとしての『まめな水』 という企画の流れは当初からぶれることなく続いているのに対して、サンプルボトルのラベルにはそれほど重きを置いて来られなかったのがお分かり頂けるでしょうか。

<シュリンクラベルの印刷について>
- 凸版印刷について
*公益社団法人日本印刷技術協会 - ペットボトルのシュリンクラベルはどうやって作られますか
http://print-better.jagat.jp/story_memo_view/qa.asp?StoryID=12894
・印刷の基礎知識 - 凸版印刷
http://egologyplaza.nobody.jp/printing/2-2.html
・株式会社精好堂 - フレキソ印刷とは
http://www.seikodo.com/flexo/index.htm
・株式会社 サンコー商事 - いろいろな印刷方式とその特徴
http://sanko-shoji.jp/PACK/print.htm
・GoogleBooks - 相馬謙一 編集「印刷入門 改訂版: プリプレスからポストプレスまで」
http://books.google.co.jp/books?id=lPR4-Lq1hhgC&pg=PA15&lpg=PA15&dq=%E5%87%B8%E7%89%88%E5%8D%B0%E5%88%B7+%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%82%B8%E3%83%8A%E3%83%AB%E3%82%BE%E3%83%BC%E3%83%B3&source=bl&ots=8DnrRZRdTI&sig=90jjiSu6ygqnj1CqwyVBS_QlFnE&hl=ja&sa=X&ei=zUJrU7f-LY6n8AW3qILwDg&ved=0CHAQ6AEwCA#v=onepage&q&f=false

- 凸版式印刷の再現特性について
・日本フォーム工連・技術委員会セミナー記録 - 技術セミナー[Ⅰ]細井功「フォーム印刷におけるフルカラー化の実践」その2
http://www.jfpi.or.jp/JBFA/Jbfahpfd/JBFAsemina/tech0668_02.htm
*シール印刷専門の株式会社丸紀印刷 - 網点の再現性 #製版工程によっては10%程度からの場合もある 
http://ameblo.jp/seal-info/entry-10577392085.html
・GoogleBooks - 大塩治雄、玉虫幸雄「新版製版・印刷はやわかり図鑑」
http://books.google.co.jp/books?id=NPjyqPSpNGkC&pg=PA18&lpg=PA18&dq=%E5%87%B8%E7%89%88%E3%80%80%E7%B6%B2%E7%82%B9%E3%80%80%E5%86%8D%E7%8F%BE&source=bl&ots=wvBP4sh3t9&sig=JOBAZi0lWSANib9o3TIr7p5zj6s&hl=ja&sa=X&ei=vkZrU_7DHMr78QXphoGQDA&ved=0CGUQ6AEwBzgK#v=onepage&q=%E5%87%B8%E7%89%88%E3%80%80%E7%B6%B2%E7%82%B9%E3%80%80%E5%86%8D%E7%8F%BE&f=false
・OPP袋販売のワークアップ - 4.色と濃淡表現について
http://workup.jp/sentence/pr03_4.html
・内田印刷「活版工の日常」 - マージナルゾーン
http://uchidainsatu.blog.fc2.com/blog-entry-125.html
・シール印刷専門の株式会社丸紀印刷 - アクセス解析から「マージナルゾーン 防止」
http://ameblo.jp/seal-info/entry-10607734890.html

- 校正について
*Sony Music Communications デザインデータ制作マニュアル - 校正(プルーフ)について
http://annex.smci.jp/dgs/designer/proof_guide.html

- シュリンクフィルムとボトル装着について
・門真キャップシール - 製品紹介 - シュリンクフィルムとは/プレフォーム工程とは
http://www.kadoma-cs.com/service.htm

- 食品包装の法定表記等について(食品衛生法とJAS法)
・株式会社 サンコー商事 - 食品衛生法による包装食品の表示
http://sanko-shoji.jp/PACK/hyouji.htm
・株式会社 サンコー商事 - JAS法による個別食品の表示事項
http://sanko-shoji.jp/PACK/jashyouji2.htm
・株式会社 サンコー商事 - 加工食品の品質表示基準
http://sanko-shoji.jp/PACK/hinshituhyouji.htm

- 食品包装の法定表記等について(表記文字の大きさ等
*東京都福祉保険局 - 食品の表示制度 - Q1 文字の大きさについて
http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/shokuhin/hyouji/faq/others.html
*東静容器株式会社 - 化粧品容器等の法定表示について/リサイクルマークの表示について
http://www.toseiyoki.co.jp/original_yoki/kashoku/nyuukou
・株式会社 サンコー商事 - 容器包装リサイクル法
http://sanko-shoji.jp/PACK/recycle2.htm

- 食品包装の表記等について(JANコード)#JANコードは印刷所さんが作成されました
*一般財団法人流通システム開発センター - 3.JANコードの設定やJANシンボルの印刷について
http://www.dsri.jp/jan/questionA3.htm

- 食品包装の表記等について(フリー素材
*東栄産業株式会社 - ケアマーク・リサイクルマーク - PDF/EPS素材ダウンロード
http://www.howay.com/fact/mark.html

- 食品包装の表記等について(総合
*株式会社 サンコー商事 - 食品包装基礎講座
http://sanko-shoji.jp/PACK/pack.htm

 シュリンクラベルの印刷方法には、大きく分けてオフセット式と凸版式の二種類があり、印刷機の特性により印刷の品質を保つことが出来る最小枚数(ラベルを取り付ける製品の出荷量)が違います。凸版式の方が少数に対応が可能で、輪転方式印刷機の場合5000枚程度が目処になります。
 凸版式の印刷ではグラデーションの淡い部分で色が抜けやすく、ある濃度から急に色がつき始めます。また、インクを押しつけた部分の周辺に余ったインクが溜まって縁取りのようになります。
 凸版式の印刷に用いるインクは、重ね刷ることで原稿の色を再現できるように特別に調合します。このインクの組み合わせに最適な凸版をインクの数だけ作ります。このため、版を作り終えた後で色の傾向を大きく変えると、インクの調合からやり直さなくてはならず、凸版も作り直すことになるので殆ど最初からのやり直しになってしまいます。
 食品の包装に書かなくてはならない事は、主に二つの法律で定められています。文字の大きさについて最小寸法が定められていますが、これらの法律の間で食い違いがあり、かつ、シュリンクラベルは装着すると原稿よりも縮む(場所によって縮み方が違う)ので、印刷所さんと十分に打ち合わせてから原稿を作る必要があります。
 その他、リサイクルマーク、材質表記などにも最小寸法が決められています。また、レジなどで読み取る商品バーコードは、ラベルを装着した状態で専用の検定機を使って検査を必要があるので、これについても印刷所さんと十分に打ち合わせが必要です。
 どれも素人判断すると取り返しのつかない誤りが起きる可能性が高いので、十分に注意して下さい。
なお、表記等については鳥取県生活環境局食品担当者さんと面談して実務的なご教授を頂きました。ご協力ありがとうございます。

<ペットボトル水について>
・公益社団法人日本水道協会 - おいしい水道水ボトルウォーター
http://www.jwwa.or.jp/anzen/bottle.html
・鳥取大学研究成果リポジトリ - 祝部 大輔「シリカを多く含む鳥取県のペットボトル水」
http://repository.lib.tottori-u.ac.jp/Repository/metadata/3346
・サントリー - サントリー天然水億大山ブナの森工場
http://www.suntory.co.jp/factory/water/okudaisen/index.html
・広域財団法人鳥取県定住機構 - コカ・コーラウエスト大山プロダクツ株式会社 #鳥取県西伯郡伯耆町
https://furusato.tori-info.co.jp/kigyo_guide/kigyo/0259/index.html
・三菱重工グラフ - 2009年 No.157 POWER OF DESIGN - 社会見学の時間です「無菌充填システム」 #三菱重工食品包装機械株式会社によるコカ・コーラウエスト大山プロダクツ株式会社の天然水ペットボトル製造ラインについて
http://www.mhi.co.jp/discover/graph/pdf/157_04.pdf
・サンミネラル - 奥大山のおいしい水 #鳥取県日野郡江府町
http://www.sunmineral.jp/index.html
・鳥取県米子市水道局 - ペットボトル水『よなごの水』 #鳥取県米子市
http://www.city.yonago.lg.jp/9067.htm
・鳥取情報文化研究所 - 「鳥取県で美食を味わい“ココロの洗濯”を お待たせしました!食探8号は「水」を“食し”ます!」 #鳥取県庁「食のみやこ鳥取県ガイド」制作委託業務
http://shoku-ryoku.tottori.to/e874.html?PHPSESSID=77825b9a0956166b3ab66447e8bcac06

<国土交通省 菅沢ダム>
国土交通省中国地方整備局 日野川河川事務所 菅沢ダム管理支所 - 菅沢ダム
http://www.cgr.mlit.go.jp/hinogawa/sugesawa/index.html
国土交通省 - 菅沢ダム - リアルタイムダム諸量一覧表
http://www1.river.go.jp/cgi-bin/DspDamData.exe?ID=1368070333090&KIND=3&PAGE=0
国土交通省 - 菅沢ダム - 堰堤改良(常用洪水吐ゲート、小規模取水放流設備)工事 #日南湖の水が抜かれて菅沢の集落の痕跡が見えるようになった原因
http://www.cgr.mlit.go.jp/hinogawa/sugesawa/pdf/201003_kairyo.pdf

<失われた菅沢の集落>
国土交通省中国地方整備局日野川河川事務所 - 広報誌「GET HEART」バックナンバー - No.15(2001.7)5p [たくさんの人々の協力で、菅沢ダムが完成]
http://www.cgr.mlit.go.jp/hinogawa/river/kataru/pdf/getheart15_0405.pdf
雀の社会見学帳 - 菅沢ダム 見学 その7
http://yosuzumex.daa.jp/dam/sugesawa/sugesawa_07.html
*村影弥太郎の集落紀行 - 本山
http://www.aikis.or.jp/~kage-kan/31.Tottori/Nichinan_Motoyama.html

<日南湖>
・日南町 - 日南湖
http://www.town.nichinan.tottori.jp/p/2/5/3/9/
・独立行政法人産業技術研究所地質調査総合センター - 活断層・古地震研究報告,No.4,p.193-207,2004 杉山雄一・宮下由香里・伏島祐一郎・小林健太・家村克敏・宮脇明子・新谷加代「鳥取県西部,日南湖リニアメント上でのトレンチ調査」
https://www.gsj.jp/data/actfault-eq/h15seika/pdf/193-207sugiyama.pdf

<中国電力 大宮ダム>
*電力中央研究所 - 1.自然災害軽減・保生技術 16) 2000年鳥取県西部地震における震源断層の地表への出現形態と導水路トンネルの変形様式との関係
http://www.denken.or.jp/jp/env/outline/2002/16.pdf
・地震 第2輯 第54巻(2002)547-556頁 電力中央研究所 上田圭一・宮腰勝義・井上大榮「2000年 鳥取県西部地震に伴う導水路トンネルの左横ずれ変位」
https://www.jstage.jst.go.jp/article/zisin1948/54/4/54_4_547/_pdf

<国土交通省 国道180号線 本山橋>
*日本土木学会中国支部 - 中国地方の土木構造物 鳥取県 本山橋
http://committees.jsce.or.jp/chugoku/dobokuisan/totori/motoyama

<日南町大宮地区>
日南町 - にちなん日和 - 大宮まちづくり協議会
http://www.town.nichinan.tottori.jp/p/2/5/2/3/
*里山おおみや
http://blog.zige.jp/satoyamaoomiya/
西国の山城 - 中倉城跡(鳥取県日南町印賀)
http://saigokunoyamajiro.blogspot.jp/2009/10/blog-post_26.html
西国の山城 - 印賀宝篋印塔と八幡山(鳥取県日南町印賀)
http://saigokunoyamajiro.blogspot.jp/2009/10/blog-post_2275.html
国土交通省 - 菅沢ダム水源地域ビジョン-菅沢ダムと日南湖のあるふるさとの未来づくり
http://www.cgr.mlit.go.jp/hinogawa/sugesawa/html/vision/suigentiikibijyon.pdf

<印賀鋼>
*ジャパンナレッジ - 歴史地名ジャーナル - 地名拾遺87 第94回 船通山【せんつうざん】 素戔嗚尊が降臨した山 鳥取県日野郡日南町・島根県仁多郡横田町
http://japanknowledge.com/articles/blogjournal/howtoread/entry.html?entryid=103
*早稲田大学リポジトリ - 木村時夫「根雨近藤家の歴史ーある たたら製鉄業者の軌跡ー」
https://dspace.wul.waseda.ac.jp/dspace/bitstream/2065/10182/1/43145_25.pdf
・一般財団法人素形材センター - SOKEIZAI Vol.54(2013)No.1 政策TREND 経済産業省製造産業局素材産業室 堀琢磨「一貫生産と協業により独自の発展を遂げた鳥取県の鍛造・プレス・熱処理・金型産業」 1.産業発展の基盤(1)製鉄産業と金属加工業
http://sokeizai.or.jp/japanese/publish/200706/201301hori.pdf
*鳥取県 - 西部総合事務所日野振興センター - 日野郡のたたら
http://www.pref.tottori.lg.jp/6029.htm
・青空文庫 - 田畑修一郎「出雲鉄と安来節」
http://books.google.co.jp/books?id=CxknBHvSkuEC&pg=PP5&lpg=PP5&dq=%E5%8D%B0%E8%B3%80%E9%8B%BC&source=bl&ots=hcK0IPWIhX&sig=fmqQu1r3KlFxuyRymtihwYUKSuw&hl=ja&sa=X&ei=4ChqU-vvLJPf8AWFqICYBg&ved=0CGcQ6AEwCDgK#v=onepage&q=%E5%8D%B0%E8%B3%80&f=false
・GoogleBooks - 田中友一「鳥取県郷土誌」
http://books.google.co.jp/books?id=Xss6n6JhrQQC&pg=PA133&dq=%E5%8D%B0%E8%B3%80%E9%8B%BC&hl=ja&sa=X&ei=gk9rU-3bMcilkgXphYGYDQ&ved=0CC8Q6AEwAA#v=onepage&q=%E5%8D%B0%E8%B3%80%E9%8B%BC&f=false
・GooleBooks - 谷川健一「金属の文化史」
http://books.google.co.jp/books?id=hhO8AAAAIAAJ&q=%E5%8D%B0%E8%B3%80%E9%8B%BC&dq=%E5%8D%B0%E8%B3%80%E9%8B%BC&hl=ja&sa=X&ei=gk9rU-3bMcilkgXphYGYDQ&ved=0CEIQ6AEwBA
・GoogleBooks - 若尾五雄「黄金と百足:鉱山民俗学への道」
http://books.google.co.jp/books?id=MSBNAAAAMAAJ&q=%E5%8D%B0%E8%B3%80%E9%8B%BC&dq=%E5%8D%B0%E8%B3%80%E9%8B%BC&hl=ja&sa=X&ei=gk9rU-3bMcilkgXphYGYDQ&ved=0CEYQ6AEwBQ
・GoogleBooks - 若尾五雄「鬼伝説の研究:金工史の視点から」
http://books.google.co.jp/books?id=QkgEAAAAMAAJ&q=%E5%8D%B0%E8%B3%80%E9%8B%BC&dq=%E5%8D%B0%E8%B3%80%E9%8B%BC&hl=ja&sa=X&ei=gk9rU-3bMcilkgXphYGYDQ&ved=0CEoQ6AEwBg

<日南町の農林業>
・鳥取県 - 西部総合事務所 - 日野郡農林業の概要(平成25年10月版)
http://www.pref.tottori.lg.jp/secure/855267/h25hinonouringaiyou.pdf
・鳥取県 - 西部総合事務所 - 日野郡農林業の概要(平成24年6月版)
http://www.pref.tottori.lg.jp/secure/184907/%E6%97%A5%E9%87%8E%E9%83%A1%E8%BE%B2%E6%9E%97%E6%A5%AD%E3%81%AE%E6%A6%82%E8%A6%81.pdf
・日南町森林組合 - 日南町は森林、木材の宝庫です。
http://www.tottorikansokyou.com/mokuzai/member/contents_detail.php?id=11
・日南町森林組合 - FSC森林認証の取り組み
http://www.chukai.ne.jp/~nichimorikumi/fsc/index.html
・日南町森林組合 - 広報紙「グリーンコミュニティ」No.136 - 森林経営計画の概要
http://www.chukai.ne.jp/~nichimorikumi/letter/pdf/gc136_h2406.pdf
・FSCジャパン - FSC認証取得者データベース - ID:2447 株式会社ウッドカンパニーニチナン #COMIC ZINさんで『まめな水』が納められている木箱の材料を供給して頂いた製材所
http://www.forsta.or.jp/fsc/modules/flatdata/index.php?did=2447
・株式会社オロチL - 国産スギ材使用 高品質材LVL
http://www.orochi-lvl.com/mkpage/hyouzi_editor.php?sid=27
・協同組合レングス - Jパネルの特徴
http://www.length.or.jp/jp-001.htm
・鳥取大学研究成果リポジトリ - 川上 敬介「鳥取県産スギ3層クロスパネルの住宅用部材としての性能評価と利用技術に関する研究」
http://repository.lib.tottori-u.ac.jp/Repository/metadata/2614
・鳥取県木材協同組合連合会 - 鳥取県産材活用の利点
http://www.tori-mokuren.com/kensanzai.html

<日南町と鳥取大学>
・鳥取大学 - 地域貢献支援事業
http://www.tottori-u.ac.jp/dd.aspx?menuid=2511
・鳥取大学 - 環境に関する社会貢献活動
http://www.tottori-u.ac.jp/dd.aspx?menuid=2341
・鳥取大学 持続的過疎社会形成研究プロジェクト
http://www.rprs.net/1004.htm
・鳥取大学 持続的過疎社会形成研究プロジェクト - 平成25年度 鳥取大学-日南町連携事業報告会 概要
http://www.rprs.net/secure/1441/%EF%BC%88%E9%83%A8%E9%96%80%E4%BC%9A%E8%AD%B0%E8%B3%87%E6%96%99%EF%BC%89%E6%97%A5%E5%8D%97%E7%94%BA%E5%A0%B1%E5%91%8A%E4%BC%9A.pdf
・鳥取大学研究成果リポジトリ - 地域教育学研究 第5巻 第1号 - 岡本彩・高井沙織・高橋麻里乃・田中優奈・福田 恵子 「食と健康に関する調査 : 日南町大宮地区の高齢者を対象として」
http://repository.lib.tottori-u.ac.jp/Repository/metadata/3562
・日南町 - 平成25年度 鳥取大学・日南町連携事業報告会チラシ
http://www.town.nichinan.lg.jp/system/site/upload/live/2077/atc_1392981534.pdf
・日南町 - 広報にちなん - 平成26年4月 - 平成25年度 鳥取大学・日南町連携事業報告会
http://www.town.nichinan.lg.jp/system/site/upload/live/2102/atc_1395742667.pdf

 日南町さんと鳥取大学さんとの連携事業の中で、最も興味深いのは、片野洋平さんによる山林の不在地主についての実態調査と対策運用です。今後の日本で当たり前の事になる限界集落あるいは消滅集落の抱えていた人工林(古くは里山)の管理は、人が移動して行くであろう地方都市圏での生活を守るためにも必要になってくる課題だと考えています。

・科学研究費助成事業データベース - 片野 洋平
http://kaken.nii.ac.jp/d/r/00407347
・科学研究費助成事業データベース - 過疎と荒廃人工林の条件 社会ネットワーク分析を利用した社会関係資本論アプローチ 研究課題番号:23780228
http://kaken.nii.ac.jp/d/p/23780228.ja.html


 COMIC ZINさんで委託配布がはじまってから3週間が過ぎました。
ここ数日に寄せられた情報では、新宿店さんの液晶ディスプレイが停まっているそうです。機器の故障かもしれません。秋葉原店さんは稼働しています。
とても良い位置での陳列も、そろそろ終わりの気配がします。ご覧になりたい方はお早めにどうぞ。
 お預けしている在庫は、ほぼ配布計画した通りに減り続けていて、みなさまのご協力に感謝しています。

 『まめな水』を手にされて、ブログに思うところを書いて下さった方々もいらっしゃいます。ありがとうございます。
把握している範囲でご紹介します。掲載が早い順です。

・キタノナオさん(ドーラー)
『日南町のおいしい水「まめな水」をいただき思うこと』
過去にそうであったもの、そうであろうと思われるもの、未来にそうなるであろうこと。記憶や想像の世界にしか存在しないもの。絵でしか表現できないことを、とても丁寧に実行されていて、ただ脱帽するばかりです。

・くろかい(黒田海智)さん(『ATPX』,香港クラブイベント『秋葉東京』)
『品』を通じて思うこと 〜 鳥取県日南町の天然水『まめな水』
鳥取県は山陰地方と言うこともあり自分にとっては未踏県で、恐らくは観光などで能動的に動こうとしない限りは、用事もなく赴く機会はなかなかない県なのではないかと思います。
『まめな水』は天然水と言う自然からの恵みを通じた『品』によってまだ見ぬ地に思いを馳せること、その土地への最初の出会い、そしていつかその地を踏む時の楽しみを与えて頂いたと気付かせてくれたと感じています。


 「まめな水」について山陰中央新報さんの朝刊に記事が掲載されました。
sanincyuou
 意外なほど大きい扱いになっています。
記事の内容について、蒼天青雲、KusakabeWorks、ともに関与していません。
 「東京"進出"」というタイトルなのに「秋葉原」を強調している辺り、また「おたく族のメッカ」という聞き慣れない表現など不思議に思われるかも知れません。でも鳥取県『まんが王国』では『そこが大事なんです』。

 鳥取県『まんが王国』における「同人活動」への歪な認識について、多々思うところはあります。
いま、必ず書いておかなくてはならないのは「同人サークル蒼天青雲とその前身であるcumlus / CumulusProjectsの活動には、公的な助成金を一切使っていません」だという辺りで、ただ事ではないとお分かり頂けるでしょうか。
くれぐれもよろしくお願いします。

 鳥取県日南町さんのwebで、草壁ラベルの『まめな水』について公示されました。
添えられている成果品の画像は、既にこちらでもご覧を頂いた蒼天青雲の撮影したものです。

 なぜか、webでも、これから配布が始まる広報ペーパー(フライヤー)でも「蒼天星雲」と表記がされていますが、まあ仕方がないですね。「蒼天星雲」でGoogle検索するとお気づきになるかも知れませんが、このブログでも時々まちがえているのです。
 というわけで、この件についての蒼天青雲の見解です。
webは直して頂けるかも知れません。広報ペーパー(フライヤー)については、どうでもよろしいとお伝えしておきました。

追記:webの記述は既に修正されています。フライヤーも本機印刷の間際に修正して頂いたそうです。過分なお気遣いを頂きありがとうございます。

 やっと『まめな水』の出来上がったボトルを手にしました。
不思議に思われるかも知れませんが、『まめな水』は鳥取県日南町さんが製造販売される飲料水なので、制作に関わっても成果品は自分で買うのです。日南町役場さんの住民課窓口に置かれている冷蔵ケースにも並んでいました。
 COMIC ZINさんによる東京都内での配布も始まっていると店頭の状況を教えてもらいました。自分の手配した事ですが、わざわざ見に行く訳にもいかないので助かります。通信販売にも登録されました。共によろしくお願いします。
 店頭では配布キットの液晶画面で、蒼天青雲が撮った日南町の画像をスライド上映しています。昨年の11月頃から今年の3月末まで、全部で150枚くらい、一巡が25分くらいです。全部は無理だと思いますが、ぜひ見て帰って下さい。

 買って帰って飲み方を試してみたら、冷やして生で飲むのも美味しかったですが、沸かして日本茶を淹れたのが良かったです。

 日南町からの帰り道、法勝寺土手の櫻が満開。お花見をしてきました。
DSC02114s.jpg

山陰の空気に馴染むラベルですね。

DSC02044s.jpg


RECENT ENTRYS

カテゴリー

このブログを検索

RSSフィード

プロフィール

そうてんせいうん

Author:そうてんせいうん
I...I didn't do it for you ok?!

ご連絡はweb mailでどうぞ: http://form1.fc2.com/form/?id=434253

[準備中]
・「SUOMI CHAIRS」

<プロジェクトのリスト>
「イルマリ・タピオヴァーラ椅子展」 @Style shop. 2005.05.21-06.12
日本国内では見る機会のない作品を含めて全部で25点ほどを展示。

「ヨーロ・クッカプーロと柳原敏彦」 @GREEN WOODS 2005.11.12-13
クッカプーロさんの主要作品20点と柳原敏彦さんの木家具による構成。違う素材なのにデザインの根本で調和しているという妙。

「スオミと足塚由江」 @昭和堂 2006.06.23-25
フィンランドの家具と足塚由江さんのうつわでカフェをしました。

「米来留 いまはもういない」 @夏コミケット 2006.08.12発行
建築家ヴォーリズの失われてしまった作品を追い続けたドキュメント写真集。

「一脚の椅子 フィンユール」 @GREEN WOODS 2006.08.19-20
そこにあるだけで周りの空間を変える力を持つ椅子とは。

「カモナマイオフィス」 @某建て売り住宅 2006.09.16-18
「第二事業部の事務所が新築の住宅に移転する」 としたら?引っ越し系インスタレーション。

「1000脚の椅子」
工場の倉庫に眠る約1000脚の未完成の椅子を教材として活用しようという企画。
派生企画:智頭農林高校 学習成果展示 / 島根女子短大 Re:Chair展
 
「北欧の椅子と家具展」 @SOUKA-草花- 2006.12.08-11
古いビルのレストアされたペントハウスに北欧家具でLDを構築するインスタレーション。

「リートフェルトをつくって」 @SOUKA-草花- 2007.06.22-25
Rietveldさんの家具をダンボールで実寸模型に再現するワークショップ。

「机の帰還 」 @glass Onion 2007.07.19~
廃棄される学校机を店舗什器に再生する試み。

「シュレーディンガーの椅子 」 @Store Room 2007.09.07~
学校のようなお店に学校の椅子を納める。

「いまはもういない、のこと」 @夏コミケット 2007.08.19発行
ヴォーリズ建築の取材過程を記録したテキスト。

「キャンの岬はどっちですか。」@souka 07.11.17-18
「祈りの椅子」のプロトタイプに座ってみる。

「そしていまはもういない予告編」 @冬コミケット 2007.12.29

「そして、いまはもういない。」 @夏コミケット 2008.08.17
ヴォーリズ建築で失われて痕跡の儚いもの達。

「一脚の椅子 イルマリ・タピオヴァーラ」@「淀江の家」グラムデザイン 2008.10.04-05
ピルッカスツールを展示。

「いまはもういない、祈り」@冬コミケット 2008.12.30
キリスト教関係のヴォーリズ建築で知られざるもの達。

「古い家を借りて自分で直したら大きな黒板のある家ができた。ワタシの(^^)」@黒板亭 2008.03.--2009.04
廃屋寸前の賃貸住宅を順調に時を経たかのようにレストア。

「蒼天青雲 in 関西」@そうさく畑63 2009.04.05
既刊を関西地区で初配布。 山Dさんもお誘いして。

「ヴォーリズさんを探しに行った日々について」 2009.=
蒼天青雲にとっての「建築の保存」について話す。

「旧豊郷小学校写真集」@夏コミケット 2009.08.16
豊郷小学校=桜ヶ丘高校という繋がりと広がり。

ヴォーリズ建築文化全国ネットワーク第3回全国大会@近江八幡 2009.10.11
ヴォーリズファンしか居ない場によばれてヴォーリズさんの写真集を配布。

「みどりのはら」「近代残像 函館」「近代残像 長崎」@冬コミケット 2009.12.30
阿佐ヶ谷住宅へのオマージュ。函館と長崎、北と南の洋館が並ぶ港街。

「近代残像 京都」@コミティア92 2010.05.04
前世紀末の京都の町中における近代建築を紹介。

「米子市公会堂」 2010.07.15 +コミケット78
山陰に置かれた村野藤吾さんのグランドピアノについて。

「近代残像 神戸」@コミケット78 2010.08.15
神戸にある近代建築の様々な残り方と消え方。

「近代残像 湘南・箱根」@コミケット79 2010.12.31
太平洋に面して残る関東地方を取り巻いていた別荘地帯の痕跡。

「さくらはさく」@コミティア96 2011.05.05
千葉県浦安市の埋め立て地に咲く桜の花。

「マーリをつくって」@米子高等工業専門学校 2011.07.21
ダンボールで実物x0.8スケールの家具模型をつくる実習授業。

「近代残像 横浜」@コミケット80 2011.08.14
横浜で暮らした日々における近代建築との交わり。

「きらめけ!公会堂」@米子市公会堂 2011.10.21-23
写真集「米子市公会堂」を元にwebと連動したインスタレーションを実施。

「SUOMI CHAIR DESIGN 01. Alvar Aalto」 @コミティア98 2011.10.30
フィンランドの椅子デザインについて。

[以降、続いています


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。