上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


11a_20091210182130.jpg
「DOOR 秋の文化祭」 09.11.01-03 DOOR
写真・洋服・絵画・イラストなどの展示とお宝市、トルコ風カフェなど。
最終日の夕方からは打ち上げで松本樸さんのライブとか。

11b.jpg
「羊毛品店 sheepな日々」 09.11.19-23 セ・ヴー ギャラリー「蔵」
 羊毛織とフェルト手芸の吉川久美子さん、年に一度の定期展。盛況。

11c.jpg
S氏コレクション駒井哲郎part1展」 09.11.20-28 ときの忘れもの

11d.jpg
「『アンデスからの贈りもの』-紡いで、編んで、織って」 09.11.27-12.03 DOOR
プエンテのペルーとボリビアで作られるアルパカを素材にしたニット。
手袋が暖かそうで欲しいと思いました。

11e.jpg
「家具工房en 作品展」 09.11.28-12.06 SOUKA草花
スポンサーサイト

10a.jpg
「ARTIST集団『風』展」 09.10.2-31 今井書店錦町店
いもじや秀次郎(染織)・永井宣子(創作BAG)・桑原正(木工)・北里由利(ガラス)・はらだとしこ(詩画)・岸本和彦(漆木工)・大谷治(ガラス工芸)・服部麻知子(染色)・高木和美(オブジェ)・福島絵美(陶芸)・斉藤恵美(藍染)

10b.jpg
「Life with GLEAM vol.7」 09.10.09-11.04 'tis clay gallery
グリームの定期展示会。

10d.jpg
「絵本の中の月あかり」 09.10.21-11.08 一月と六月
布仁美(てまり)・川口静佳(陶小物)
一冊の絵本をテーマに、そのページ毎のオマージュを製作し合った展示でした。
川口さんの陶の家も少し色調がいつもとは違う様子。
布さんの色の解釈も興味深かったです。
今回は川口さんからご案内を頂いてはじめて「一月と六月」さんに行きました。
この栗鼠の家のような空間単位が女性の心と響くのだろうなと思いました。
不思議な場所です。

10c.jpg
「Nostalgie En Voyage」 09.10.24-25 SOUKA草花
 ギャラリーSOUKAで毎年のように開かれる旅をテーマにした企画。

10e.jpg
磯崎新ブックアーカイブス1-TUKUBA 1983」 09.10.27-11.07 ときの忘れもの
 磯崎新「つくばセンタービル」を巡る書籍500冊と版画、旧筑波第一ホテルの家具(倉俣史朗)など。

9b.jpg
ジョナス・メカス展」 09.09.01-19 ときの忘れもの
 新プリントなど。リトアニア大使館の後援。

9a.jpg
萩原千春 陶磁器展」 09.09.05-13 ヒナタノオト
 新色のさくら色と、オリーブ、ネージュ(雪)の色合い。

09a.jpg
「ヤマザキケンヨウ 切り絵展 in YONAGO」09.09.19-11.30 皆生まつうら SURF ART GALLERY
 展示会場がわからず。迷い迷って、webの画像に似ているような気がする民家を発見するも入り方(近づき方)が分からず。結局、期間中に2度ほどチャレンジするも会場に辿り着けず。ざんねん。

09b.jpg
未来派-ドメニコ・ベッリ展」 09.09.29-10.17 ときの忘れもの
 「未来主義創立宣言」の発表とドメニコ・ベッリの生誕が共に100年なのを記念した展示。

8a.jpg
「二人展 私のかたち」 09.08.01-09 SOUKA草花
川口静佳(陶)・佐々木和香子(ガラス)
川口さんの家に佐々木さんの鳥。

8b.jpg
「五味彬写真展」 09.08.04-22 ときの忘れもの
銀塩プリントとポラロイド。

8c.jpg
「高木和美 小さな個展」 09.08.20-09.12 カフェパナデリーア
イラストレーターの高木さんによるドローイングとオプジェを中心とした展示だったそうです。

7c.jpg
「オノアマ ~陶と藍と飾~」 09.07.01-20 今井書店錦町店
尾野智彦(陶器・袖師窯)・天野尚(藍染・青蛙)・岩瀬昭子(装飾・acco)
米子で展示されるのは初めてなので心配されたそうですが、かなり反応が良かったそうです。

7b.jpg
「4 Winds 2009」 09.07.03-25 ときの忘れもの
永井桃子・秋葉シスイ・矢口佳那・猪瀬直哉
ときの忘れものさんが押す若手の画家さん達。

7a.jpg
7月8日、ケーキ屋さんle.patissier.miel. にカフェが併設されました。
これまでの店舗のほぼ2倍の大きさになってます。
水曜日/第3木曜日休み 11:00-19:00

8d.jpg
「オトナのナツヤスミ」 09.07.29-08.30 ヒナタノオト
手仕事を巡る旅。
古橋真理子(編み物)・針の森(こぎん刺し)・古谷朱里(陶)・相原清子、小原聖子、桑原真理子、mitome tsukasa(金属/アクセサリー)・さこうゆうこ、竹本亜紀(ガラス)・瀬戸晋(木工)


6g.jpg
「原洋一・長崎誠 二人展」09.06.05-10 DOOR
原洋一(磁器)長崎誠(籠編)
原さんは森脇靖さんのお師匠さん。

6c.jpg
「銀塩写真の魅力 Gelatin Silver YES!」 09.06.09-27 ときの忘れもの
銀塩写真の暗室作業にこだわりを持つ写真家のプリントの展示。
アンセル・アダムス、植田正治とくれば言わずもがなですね。飯沢耕太郎さんのギャラリートークもあったらしい。

6e.jpg
「Kotiriの夏支度」 09.06.12-14 BORN FREE WORKS
小鳥美茂(詩と夏服)ヤマザキケンヨウ(切り絵)
BORN FREE WORKSは湘南の由比ヶ浜にあります。

syuki.jpg
「酒器展」 09.06.13-24 SOUKA草花
周藤香織(磁器)・竹中悠記(ガラス)・田鶴浜守人(陶器)・原洋一(磁器)・目片千恵(ガラス)
この月は原さん二つ目の展示。ここでは「お酒を愉しむ器」というテーマで原さんが試飲しながらの講演をされたそうです←かなり良い感じに飲み会だったと後日聞きました
6a.jpg
atelier ukiroosh の矢野志郎さん竹中悠記さんから展示スペースとアトリエの移転についてご案内を頂きました。
ひょんなことからウチのプロジェクトと一瞬交差したので感慨深かったです。

6b.jpg
「謝恩セール」 09.06.28-29 ときの忘れもの
倉庫の縮小に伴うセールだったとのこと。


5f.jpg
「かばん展」09.0501-06 STORE ROOM
普段使いのかばんの展示販売と「イギリス展」だったそうです。

5b.jpg
「ガラス二人展 ukiroosh 矢野 士郎 X 竹中 悠記」09.05.4-16 ギャラリーそら
atelier ukirooshの二人による展示。
「ギャラリーそら」がリニューアルしてカフェになった直後の展示でもあったので、それも興味深く見に行きました。
ええ。

5g.jpg
「小野隆生コレクション展」09.05.08-30 ときの忘れもの
テンペラ技法で知られる小野隆生の初期作品と近作ドローイングが展示されたそうです。

5i.jpg
「萩原千春 陶磁展」09.05.12-24 スパイラルマーケット
副題は「ポットとカップ」だそうです。

5h.jpg
「宇山明 新作日本画展」09.05.16-24 ギャラリーミヤザキ

5d.jpg
「二人展」09.05.23-06.03 SOUKA-草花-
下岡由枝(焼き物)・盛國泉(ガラス)
下岡さんの繊細さと盛國さんのざっくり感の対比も興味深いですが、なによりSOUKAの棚・畳そして窓辺に置いたときの収まり具合がなんともいえません。

5e.jpg
「池本喜巳写真展 瓶のある静物」09.05.29-06.03 DOOR BOOK STORE


4b.jpg
「マン・レイ展」09.04.03-25 ときの忘れもの

4d.jpg
dm-original glaphic designさんが事務所の近隣にデザインを売る路面店[design store]を開店されました。現在はデザインルームもこちらに移転されたそうです。

4c.jpg
「ジャムを掬う」09.04.18-29 SOUKA-草花-
ジャム専門店「alimna」と、そのファンである山本美文(木工)によるジャムスプーンを中心に朝の食卓を作り上げたそうです。

4a.jpg
「ガラス工房北里&教室作品展」09.04.23-27 コミュニティプラザ百花堂(米子)
北里由利さんの定例会です。

5a.jpg
「ピクニックに工芸を連れて」09.04.29-05.31 ヒナタノオト
副題は「おいしい空気X丁寧な手仕事」

3b.jpg
「器の温もり・森脇靖 陶展」09.03.10-15 ギャラリーG
森脇製陶所の森脇さん久々の広島展でした。

3c.jpg
「根岸文子展」09.03.13-28 ときの忘れもの
スペインで活躍する抽象画家、根岸文子さんの新作展。

3a.jpg
「ldyll.1」09.03.20-28 DOOR BOOK STORE
舩木窯のスリップウエアを中心にした展示でした。

北欧家具のキタニさんから新宿高島屋にあるキタニ東京で開催される廃盤品と限定品によるリプロダクトフェアーについてご案内を頂いておりました。
09.01.31-02.23 新宿高島屋10階 キタニ売場
ここ数年でキタニさんのリプロダクト製品を実際に触れることが出来る場所が増えて、特に都会に在住される顧客の皆様には楽しみな状況になってきました。

2b.jpg
「第19回瑛九展~時を越えて~」09.02.06-28 ときの忘れもの
瑛九の作品と、瑛九を取り巻く作家8人の作品による企画展です。

2c.jpg
「物語から D'une Histoire」09.02.14-25 SOUKA-草花-
タパタパ・hana・谷田春子・DOOR BOOK STORE
絵本をテーマとした合同展示。
SOUKA-草花-の自主企画による展示はこの辺りから手法が固まってきたようです。

2d.jpg
「末宗智彦作陶展 あこがれ-瞻望する立体-」09.02.19-25 松江一畑百貨店
山陰でやちむん(沖縄陶芸)をされている末宗智彦さんの個展でオプジェなどを中心にした展示だと仰っていました。なお末宗さんの食器類は高島屋さんで専売品が取り扱われており、09年も大阪店と米子店で展示会が行われました。

2a.jpg
「萩原朋子作品展 -動物のいる風景-」09.02.21-03.01 ヒナタノオト
「はるかな風景」を映し出した陶だそうです。
萩原朋子さんの世界についてはこちらの公式ページをご覧下さい。

RECENT ENTRYS

カテゴリー

このブログを検索

RSSフィード

プロフィール

そうてんせいうん

Author:そうてんせいうん
I...I didn't do it for you ok?!

ご連絡はweb mailでどうぞ: http://form1.fc2.com/form/?id=434253

[準備中]
・「SUOMI CHAIRS」

<プロジェクトのリスト>
「イルマリ・タピオヴァーラ椅子展」 @Style shop. 2005.05.21-06.12
日本国内では見る機会のない作品を含めて全部で25点ほどを展示。

「ヨーロ・クッカプーロと柳原敏彦」 @GREEN WOODS 2005.11.12-13
クッカプーロさんの主要作品20点と柳原敏彦さんの木家具による構成。違う素材なのにデザインの根本で調和しているという妙。

「スオミと足塚由江」 @昭和堂 2006.06.23-25
フィンランドの家具と足塚由江さんのうつわでカフェをしました。

「米来留 いまはもういない」 @夏コミケット 2006.08.12発行
建築家ヴォーリズの失われてしまった作品を追い続けたドキュメント写真集。

「一脚の椅子 フィンユール」 @GREEN WOODS 2006.08.19-20
そこにあるだけで周りの空間を変える力を持つ椅子とは。

「カモナマイオフィス」 @某建て売り住宅 2006.09.16-18
「第二事業部の事務所が新築の住宅に移転する」 としたら?引っ越し系インスタレーション。

「1000脚の椅子」
工場の倉庫に眠る約1000脚の未完成の椅子を教材として活用しようという企画。
派生企画:智頭農林高校 学習成果展示 / 島根女子短大 Re:Chair展
 
「北欧の椅子と家具展」 @SOUKA-草花- 2006.12.08-11
古いビルのレストアされたペントハウスに北欧家具でLDを構築するインスタレーション。

「リートフェルトをつくって」 @SOUKA-草花- 2007.06.22-25
Rietveldさんの家具をダンボールで実寸模型に再現するワークショップ。

「机の帰還 」 @glass Onion 2007.07.19~
廃棄される学校机を店舗什器に再生する試み。

「シュレーディンガーの椅子 」 @Store Room 2007.09.07~
学校のようなお店に学校の椅子を納める。

「いまはもういない、のこと」 @夏コミケット 2007.08.19発行
ヴォーリズ建築の取材過程を記録したテキスト。

「キャンの岬はどっちですか。」@souka 07.11.17-18
「祈りの椅子」のプロトタイプに座ってみる。

「そしていまはもういない予告編」 @冬コミケット 2007.12.29

「そして、いまはもういない。」 @夏コミケット 2008.08.17
ヴォーリズ建築で失われて痕跡の儚いもの達。

「一脚の椅子 イルマリ・タピオヴァーラ」@「淀江の家」グラムデザイン 2008.10.04-05
ピルッカスツールを展示。

「いまはもういない、祈り」@冬コミケット 2008.12.30
キリスト教関係のヴォーリズ建築で知られざるもの達。

「古い家を借りて自分で直したら大きな黒板のある家ができた。ワタシの(^^)」@黒板亭 2008.03.--2009.04
廃屋寸前の賃貸住宅を順調に時を経たかのようにレストア。

「蒼天青雲 in 関西」@そうさく畑63 2009.04.05
既刊を関西地区で初配布。 山Dさんもお誘いして。

「ヴォーリズさんを探しに行った日々について」 2009.=
蒼天青雲にとっての「建築の保存」について話す。

「旧豊郷小学校写真集」@夏コミケット 2009.08.16
豊郷小学校=桜ヶ丘高校という繋がりと広がり。

ヴォーリズ建築文化全国ネットワーク第3回全国大会@近江八幡 2009.10.11
ヴォーリズファンしか居ない場によばれてヴォーリズさんの写真集を配布。

「みどりのはら」「近代残像 函館」「近代残像 長崎」@冬コミケット 2009.12.30
阿佐ヶ谷住宅へのオマージュ。函館と長崎、北と南の洋館が並ぶ港街。

「近代残像 京都」@コミティア92 2010.05.04
前世紀末の京都の町中における近代建築を紹介。

「米子市公会堂」 2010.07.15 +コミケット78
山陰に置かれた村野藤吾さんのグランドピアノについて。

「近代残像 神戸」@コミケット78 2010.08.15
神戸にある近代建築の様々な残り方と消え方。

「近代残像 湘南・箱根」@コミケット79 2010.12.31
太平洋に面して残る関東地方を取り巻いていた別荘地帯の痕跡。

「さくらはさく」@コミティア96 2011.05.05
千葉県浦安市の埋め立て地に咲く桜の花。

「マーリをつくって」@米子高等工業専門学校 2011.07.21
ダンボールで実物x0.8スケールの家具模型をつくる実習授業。

「近代残像 横浜」@コミケット80 2011.08.14
横浜で暮らした日々における近代建築との交わり。

「きらめけ!公会堂」@米子市公会堂 2011.10.21-23
写真集「米子市公会堂」を元にwebと連動したインスタレーションを実施。

「SUOMI CHAIR DESIGN 01. Alvar Aalto」 @コミティア98 2011.10.30
フィンランドの椅子デザインについて。

[以降、続いています


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。