上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 日南町さんへ、一定の条件で「ふるさと納税」をして、かつ、所定の手続きをすると「日南町の豊かな自然が育んだ特産品のセット」の贈呈を受けることが出来ます。
これについての詳細は日南町さんの「ふるさと納税」についての公示をご確認下さい。

 贈呈品として 『まめな水』が含まれているセット を選ばれた場合に
 「贈呈品の『まめな水』は、緑色の草壁ラベルの第三弾『まめな水』でお願いします」
といった注記を書いて頂くと、草壁ラベル『まめな水』のボトルで届きます。
 注記のない場合は、第四弾ラベルの『まめな水』が届きます。

 なお、『まめな水』だけのセットは、ありません。

 この件について蒼天青雲へお問い合わせを頂き、日南町さんの総務課財務室の担当者さんと打ち合わせましたので、報告させて頂きました。
スポンサーサイト

 既に実施を終えましたが、コミティアX4(通常開催の同人誌配布会 コミティア110 の文化祭版)で、 [PIN] という企画を実施しました。
東孝光さんの自邸でもある『塔の家』の1/5模型を即日製作する、というものでした。

 キラー通りに刺さっているマップピン『塔の家』を、ビックサイトにも刺して、東京オリンピックの記憶を繋いでみたい。

塔の家 東京オリンピック(1964年)に合わせた東京の都市改造。その一環として作られた、キラー通り(「外苑西通り」の青山霊園角から仙寿院交差点までの区間)に面して、「塔の家」(設計者:東孝光、1966年)は建っています。
これを、東京の街に刺された記憶のPINのひとつだと考えました。

 東京オリンピック(2020年)では、東京国際展示場(東京ビックサイト)も大会施設として活用する予定です。提案書では、今回のコミティアX4の開場である東4・5・6 ホールは、フェンシングとテコンドーの競技会場、この他の部分はメディアセンターとされています。
 コミティアX4の会場にも「塔の家」を刺すことで、キラー通りとビックサイト、2つの場所が抱える記憶を繋げてみることにしました。

 『塔の家』は、日本のモダニズム住宅を代表する物件の一つです。
『塔の家』の設計図面は、建築教育の場で実習教材として広く使われています。今回は、藤木竜也さん(建築史、千葉工業大学准教授)の制作された切り紙模型(縮尺1/70)を原型に、縮尺1/5の模型としました。元にする模型は、形態を把握することを主にして、内部の構成も把握できるものです。会場で作製するのは、そこから更に内部の構成を省いて形態のみを把握するもの(ボリュームモデル)でした。ちなみに、縮尺1/5の『塔の家』模型の高さは2m程度、ビックサイト東展示棟展示室の天井高さは17mから31mあります。この会場にあっては、ちいさな模型です。

 製作した『塔の家』ボリューム模型は、製作の途上においても完成時のボリュームを把握して頂けるよう、壁構造の現物とは異なり、柱軸組構造をとしました。柱軸組み(2011-13に米子高専で実施した実物大家具模型の即日製作課題『マーリをつくって』と同じ工場生産のダンボール短冊材)に外壁(ダンボールの外皮)を貼り付けました。このうち、外皮のダンボールは、各サークルさんから廃棄(資源回収)される送り箱(印刷所さんが刷り上がった同人誌を開場へと搬入する際につかうダンボール箱)を利用ました。この日、ビックサイトで起きていること、同人誌配布会の欠片を纏わせることで、そのつながりを強くしたいと考えました。
東京オリンピックの実施される2020年に向けて、私たちの個人的な同人活動さえも、東京オリンピックに巻き込まれていく、という意味も含めて。
 なお、この模型はコミティアX4の閉会と同時に解体、再び廃棄(資源回収)しました。

 今回の当日実施について、サークル「スイーツエンジン」さんから全面的な協力を頂きました。
 また、コミティアX4 [PIN]の配布物として『蒼天日和10 PIN』を作製し、無償で配布をしました。これの配布について、複数のサークルさんにご協力を頂きました。
 心から御礼を申し上げます。ありがとうございます。

  『蒼天日和10 PIN』は、片面がコンセプトイラスト、もう片面が『塔の家』の物件解説になっています。
 コンセプトイラストは、オンラインの漫画誌 GANMAで建築漫画『紺色のまち』を連載中で建築士でもあるTSUBU さんです。
 物件解説は、原型の制作者でもある藤木竜也さんです。なお、『塔の家』を設計された東孝光さんは、藤木さんと同じ千葉工業大学で教鞭をとっておられました(工業デザイン学科教授)

 なお、TSUBUさんにコンセプトイラストをお願いしたのには、具体的な意図がありまして、どういうことかと申しますと、この辺り(鹿島出版会さんが発行されていた建築雑誌『SD』の1988年3月号)に回答があります。このことは、TSUBUさんも実施当日までご存じなく、頂いた成果品を見て当方が「ほおおおおお」と思ったこともご存じなく。

 以上、ご報告でした。

 実施当日に立ち寄って下さった皆さま、ありがとうございます。
現場で説明しましたように、この模型は、当日中に完成させることが最終的な目的ではありません。
ご覧になった皆さまが、実際にキラー通りにある『塔の家』へ行かれて、ああこれか、と思われることで完成します。
 本物の『塔の家』に会いに行って下さい。そして、ビックサイトにも『塔の家』が建っていたことを思い出して下さい。

*追記 藤木さんがご自分のブログで [PIN] についての記事を書かれました。解説文の全文が掲載されています。

 草壁ラベル『まめな水』は、いま現在もCOMIC ZIN 秋葉原店さんの店頭に並んでいます。なお、新宿店さんでは8月の終わり頃に陳列を撤収されました。

 COMIC ZIN さんの計画では、夏の大きなイベントが終わり次第、ふたたび『まめな水』を陳列する予定で、一時的な店頭からの撤収との事でした。その時点で、配布を始めて四半期を過ぎ、概ね東京での需要は満たした感じもありました。そこで、こちらから配布の終了を打診しました。

 しばらくして、東京での『まめな水』の配布状況について情報を下さる方から「秋葉原のお店に、また並んでいますよ」とご連絡を頂きました。状況がわからず、COMIC ZINさんへお問い合わせしたところ「秋葉原のスタッフは『良い感じに売り場に収まっているので、このまま置いておきたい』と考えているらしい」との返答を頂きました。
 それでも状況がわからず、先日、秋葉原店さんへ行きまして、売り場の状況を見せて頂いたところ、理解できました。
 
2012-05-8.jpg こんなに売れないグッズなのに、売り場さんが推して下さっている。半年以上の間、日中、数十秒おきに「日南町」の文字がアキバの街で人の目に映る。
 それは、ありがたい限りなので、現状のまま配布をお願いします、と返答をさせて頂きました。

 というわけで、まだ、アキバで買えるのです。

RECENT ENTRYS

カテゴリー

このブログを検索

RSSフィード

プロフィール

そうてんせいうん

Author:そうてんせいうん
I...I didn't do it for you ok?!

ご連絡はweb mailでどうぞ: http://form1.fc2.com/form/?id=434253

[準備中]
・「SUOMI CHAIRS」

<プロジェクトのリスト>
「イルマリ・タピオヴァーラ椅子展」 @Style shop. 2005.05.21-06.12
日本国内では見る機会のない作品を含めて全部で25点ほどを展示。

「ヨーロ・クッカプーロと柳原敏彦」 @GREEN WOODS 2005.11.12-13
クッカプーロさんの主要作品20点と柳原敏彦さんの木家具による構成。違う素材なのにデザインの根本で調和しているという妙。

「スオミと足塚由江」 @昭和堂 2006.06.23-25
フィンランドの家具と足塚由江さんのうつわでカフェをしました。

「米来留 いまはもういない」 @夏コミケット 2006.08.12発行
建築家ヴォーリズの失われてしまった作品を追い続けたドキュメント写真集。

「一脚の椅子 フィンユール」 @GREEN WOODS 2006.08.19-20
そこにあるだけで周りの空間を変える力を持つ椅子とは。

「カモナマイオフィス」 @某建て売り住宅 2006.09.16-18
「第二事業部の事務所が新築の住宅に移転する」 としたら?引っ越し系インスタレーション。

「1000脚の椅子」
工場の倉庫に眠る約1000脚の未完成の椅子を教材として活用しようという企画。
派生企画:智頭農林高校 学習成果展示 / 島根女子短大 Re:Chair展
 
「北欧の椅子と家具展」 @SOUKA-草花- 2006.12.08-11
古いビルのレストアされたペントハウスに北欧家具でLDを構築するインスタレーション。

「リートフェルトをつくって」 @SOUKA-草花- 2007.06.22-25
Rietveldさんの家具をダンボールで実寸模型に再現するワークショップ。

「机の帰還 」 @glass Onion 2007.07.19~
廃棄される学校机を店舗什器に再生する試み。

「シュレーディンガーの椅子 」 @Store Room 2007.09.07~
学校のようなお店に学校の椅子を納める。

「いまはもういない、のこと」 @夏コミケット 2007.08.19発行
ヴォーリズ建築の取材過程を記録したテキスト。

「キャンの岬はどっちですか。」@souka 07.11.17-18
「祈りの椅子」のプロトタイプに座ってみる。

「そしていまはもういない予告編」 @冬コミケット 2007.12.29

「そして、いまはもういない。」 @夏コミケット 2008.08.17
ヴォーリズ建築で失われて痕跡の儚いもの達。

「一脚の椅子 イルマリ・タピオヴァーラ」@「淀江の家」グラムデザイン 2008.10.04-05
ピルッカスツールを展示。

「いまはもういない、祈り」@冬コミケット 2008.12.30
キリスト教関係のヴォーリズ建築で知られざるもの達。

「古い家を借りて自分で直したら大きな黒板のある家ができた。ワタシの(^^)」@黒板亭 2008.03.--2009.04
廃屋寸前の賃貸住宅を順調に時を経たかのようにレストア。

「蒼天青雲 in 関西」@そうさく畑63 2009.04.05
既刊を関西地区で初配布。 山Dさんもお誘いして。

「ヴォーリズさんを探しに行った日々について」 2009.=
蒼天青雲にとっての「建築の保存」について話す。

「旧豊郷小学校写真集」@夏コミケット 2009.08.16
豊郷小学校=桜ヶ丘高校という繋がりと広がり。

ヴォーリズ建築文化全国ネットワーク第3回全国大会@近江八幡 2009.10.11
ヴォーリズファンしか居ない場によばれてヴォーリズさんの写真集を配布。

「みどりのはら」「近代残像 函館」「近代残像 長崎」@冬コミケット 2009.12.30
阿佐ヶ谷住宅へのオマージュ。函館と長崎、北と南の洋館が並ぶ港街。

「近代残像 京都」@コミティア92 2010.05.04
前世紀末の京都の町中における近代建築を紹介。

「米子市公会堂」 2010.07.15 +コミケット78
山陰に置かれた村野藤吾さんのグランドピアノについて。

「近代残像 神戸」@コミケット78 2010.08.15
神戸にある近代建築の様々な残り方と消え方。

「近代残像 湘南・箱根」@コミケット79 2010.12.31
太平洋に面して残る関東地方を取り巻いていた別荘地帯の痕跡。

「さくらはさく」@コミティア96 2011.05.05
千葉県浦安市の埋め立て地に咲く桜の花。

「マーリをつくって」@米子高等工業専門学校 2011.07.21
ダンボールで実物x0.8スケールの家具模型をつくる実習授業。

「近代残像 横浜」@コミケット80 2011.08.14
横浜で暮らした日々における近代建築との交わり。

「きらめけ!公会堂」@米子市公会堂 2011.10.21-23
写真集「米子市公会堂」を元にwebと連動したインスタレーションを実施。

「SUOMI CHAIR DESIGN 01. Alvar Aalto」 @コミティア98 2011.10.30
フィンランドの椅子デザインについて。

[以降、続いています


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。